2018年7月16日月曜日

7月16日 観音崎公園

久しぶりの観音崎。
堤防の反対側、観音崎公園の方です。

時間:9時00分~13時30分 晴れ
最高気温32度 干潮に向かう時間 波は穏やか

赤丸のところで釣りをしました。
みんなで観音崎公園に行きました。
堤防側にしなかったのは、磯遊びをするためです。
観音崎公園は干潮になると、
タイドプールがたくさんできます。
その中をシュノーケリングすると、
ギンポ、キュウセン、メバル、色々な魚を見られます。
しばらくボクは磯遊びをしていました。
パパは磯の先端で半遊動の浮き釣りをしていました。
投げるたびにエサに食いつきがあり、
魚の活性はとても高いようです。
あっと言う間にキュウセンを釣りました。
その後も、ベラ、クサフグと釣りました。
でもなかなか狙った魚は釣れません。
磯遊びが終わって、ボクも釣りを始めました。
横に走るようなあたりがあって、巻き上げてみると、
ウミタナゴがかかっていました。
ボクはその後立て続けにウミタナゴを釣りました。

やはり魚影が濃くて、魚の活性が高いと、
釣りをしていてとても楽しいです。
 大満足の1日でした。

【釣果】
ボク:ギンポ1匹
パパ:チンチン1匹

【タックル】
ボク=M
リバティクラブ 270cm 磯竿
レバーブレーキ付きスピニングリール2500番
3号蛍光イエロー・ナイロンライン 

半遊動電気浮き仕掛け
ウミタナゴ7号+自動ハリス止め付き胴付き仕掛け 
 
パパ=T
小継せとうち3-36(5継)360cm 磯竿
スピニングリール2500番
2.5号蛍光オレンジ・ナイロンライン
半遊動電気浮き仕掛け
ウミタナゴ7号+自動ハリス止め付き胴付き仕掛け
 

2018年7月9日月曜日

7月8日 若洲海浜公園

先週に引き続きいつもの「若洲」です。

時間:17時00分~19時20分 晴れ
最高気温33度 満潮は22時 波穏やか

赤丸のところで釣りをしました。
久しぶりに家族全員で若洲海浜公園に来ました。
ヨッシー(弟)とちー(妹)は遊具ですが…。
ちょうど干潮の時間で、
あまり釣果は期待できない時間です。
準備の段階で、パパが竿先を折ってしまいました。
もともと修理を繰り返して傷んでいたロッドです。
なんとか修理ができました。
2人で半遊動の浮き釣りを開始しましたが、
なかなかアタリがありません。
干潮を過ぎて、潮が満ちてくるタイミングで、
ようやくパパがチンチンを釣りました。
ボクは糸が絡まって、それを直している間に、
ギンポがかかりました。
偶然釣れたギンポは「事故ギンポ」と言っています。
意外にそういう時に釣れるものです。

【釣果】
ボク:ギンポ1匹
パパ:チンチン1匹

【タックル】
ボク=M
振り出し式270cmリール竿
スピニングリール2000番
3号蛍光イエロー・ナイロンライン 

半遊動電気浮き仕掛け
ハリスはウミタナゴ6号

 
パパ=T
小継せとうち3-36(5継)360cm
スピニングリール2500番
PE蛍光オレンジ0.8号ライン リード:フロロ2号

半遊動電気浮き仕掛け
ウミタナゴ6号+自動ハリス止め付き胴付き仕掛け

2018年7月1日日曜日

7月1日 若洲海浜公園

いつもの「若洲」です。
関東は早くも梅雨が明けたようです。
おかげで暑い!

時間:15時00分~18時00分 晴れ
最高気温33度 満潮は18時 強風波高し

赤丸のところで釣りをしました。 
最高気温は33度ですが、若洲の気温は29度ほど。
風が強かったので、それほど暑くは感じません。

潮が満ちてくるまでボクと妹(ちー)は、
胴付き仕掛けで根魚を狙うことにしました。
釣りを開始した時間は干潮から
1時間しか経っていないため、
あまり魚の気配を感じることができませんでした。
そんな中、ちーが大きなガザミを釣りました。
ものすごい力で、メゴチハサミを曲げてしまいました。
人間の指なら骨折しそうです…。

その後、潮が満ちてくるタイミングで、
ボクはギンポを2匹釣りました。
パパは半遊動の浮き仕掛けで駆け上がり付近を
狙っていましたが、最後まで釣れませんでした。
堤防の先端では47㎝のクロダイを釣った人がいました。

【釣果】
ボク:ギンポ2匹
パパ:ボウズ
チー:ガザミ1匹、イソガニ1匹

【タックル】
ボク=M
振り出し式270cmリール竿
スピニングリール2000番
3号蛍光イエロー・ナイロンライン 

半遊動電気浮き仕掛け
ハリスはウミタナゴ6号

 
パパ=T
小継せとうち3-36(5継)360cm
スピニングリール2500番
PE蛍光オレンジ0.8号ライン リード:フロロ2号

半遊動電気浮き仕掛け
ウミタナゴ6号+自動ハリス止め付き胴付き仕掛け


 チー=C
ルアー竿Marine Saver Ajing (2継)210cm(メイン)
スピニングリール2500番
PE蛍光ブルー0.8号ライン リード:フロロ2号

オリジナル胴付き仕掛け

2018年6月24日日曜日

6月24日 若洲海浜公園

いつもの「若洲」ですが、
梅雨入りして天気が悪い日が続いたため、
実に3週間ぶりの訪問となりました。

時間:14時00分~18時00分 雨のち晴れ
気温26度 満潮は16時 無風で波は穏やか

赤丸のところで釣りをしました。
梅雨入りしてから、なかなか釣りに行けませんでした。
ようやく晴れの日曜日になったので、とてもうれしいです。

弟は剣道の試合のため、パパとチー(妹)と3人で釣りをしました。
チーはほとんど釣りをしたことがないため、
ボクが教えながらやることにしました。
パパとボクは、半遊動の浮き釣り、チーは胴付き仕掛けです。
とても人が多くて、見渡すとあまり釣れている人がいませんでした。
でも一番お気に入りの釣り座「W8番」は空いていました。
ここは、駆け上がりのところなので、本当によく釣れます。
チーは、早速小さなハゼを釣りました。
パパは25㎝ぐらいのアイナメを釣りました。
アイナメ特有の首振りダンスで、左右に激しく動いていました。
その後、チーの竿にも大きなアタリがあり、
パパが釣ったアイナメよりも大きなアイナメが掛かりました。
ボクは教えながらだったので、
あまり自分の釣りができませんでしたが、
それでもギンポを釣ることができて、ボウズは逃れました。
久しぶりの釣りだったので、とても楽しかったです。

【釣果】
ボク:ギンポ2匹
パパ:ハゼ1匹、ギンポ1匹、アイナメ1匹
チー:ハゼ1匹、ギンポ3匹、アイナメ1匹

【タックル】
ボク=M
振り出し式270cmリール竿
スピニングリール2000番
3号蛍光イエロー・ナイロンライン 

半遊動電気浮き仕掛け
ハリスはウミタナゴ6号

 
パパ=T
小継せとうち3-36(5継)360cm
スピニングリール2500番
PE蛍光オレンジ0.8号ライン リード:フロロ2号

半遊動電気浮き仕掛け
ウミタナゴ6号+自動ハリス止め付き胴付き仕掛け


 チー=C
ルアー竿Marine Saver Ajing (2継)210cm(メイン)
スピニングリール2500番
PE蛍光ブルー0.8号ライン リード:フロロ2号

オリジナル胴付き仕掛け
 

2018年6月2日土曜日

6月2日 若洲海浜公園

いつもの「若洲」ですが、
夜21時からの釣行です。

時間:21時00分~22時30分 晴れ
気温24度
満潮は21時

赤丸のところで釣りをしました。
久しぶりの夜の若洲です。
この時期はそろそろ日中熱くなってくるので、
陽が暮れてからの方が落ち着いて釣りができます。

狙いはクロダイかメジナ。
半遊動の電気浮きで釣りを始めました。

2投目でしぶしぶとしたアタリがあり、
うまく合わせると20㎝ぐらいのクロダイが釣れました。

パパにもあたりが出ていましたが、
なかなか合わせがうまく行かず、
何度もバラしていました。

ボクのアドバイスでうまく合わせを入れた時に、
大きめなクロダイ(30㎝ぐらい)がかかりました。
玉網が届く直前まで寄せられたのですが、
他の人が捨てた根掛かりした仕掛けと交錯して、
獲物ごと逃がすことになってしまいました。
とても残念でした。

でも、最終的には3匹クロダイが釣れて楽しかったです。

【釣果】
ボク:クロダイ3匹
パパ:バラシのみ

【タックル】
ボク=M
振り出し式270cmリール竿
スピニングリール2000番
3号蛍光イエロー・ナイロンライン 

半遊動電気浮き仕掛け
ハリスはウミタナゴ6号

 
パパ=T 
4.5m 延べ竿
2号ナイロンライン 棒浮き
ハリスはウミタナゴ6号ないし金袖6号


小継せとうち3-36(5継)360cm
スピニングリール2500番
PE蛍光オレンジ0.8号ライン リード:フロロ2号

半遊動電気浮き仕掛け
ウミタナゴ6号+自動ハリス止め付き胴付き仕掛け
 

2018年5月27日日曜日

5月27日 観音崎堤防

魚影の濃いところで釣りがしたくて、
あまり時間がなかったのですが、
観音崎堤防にやってきました。

時間:15時00分~17時00分 晴れ
気温25-28度 夏日
満潮は16時

ボクのワーク(勉強など)が終わるのに時間がかかり、
家を出るのが13時30分になりました。
でも観音崎堤防に行きたかったので、
2時間の時間制限でやることにしました。
17時に終えれば、18時30分には家に戻れるからです。

赤丸のところで釣りをしました。
先客が数名いたのですが、
「魚の気配がしない。全く釣れない。」と言っていました。
季節・気候も良いし、満潮まで1時間の上げ潮、
あまり悪い条件じゃないけどなぁと思いました。
パパは、手始めに魚の活性を見るべく、
小さめのハリスで堤防周囲の根回りを探り始めました。
仕掛けを投入して、すぐにアタリが出ています。
ボクは、「メチャクチャ釣れそうだなぁ」と逆の感触を得ました。
おそらく先客の方々は、砂地に仕掛けを投げていることから、
シロギスを狙っていたのかと思います。
観音崎堤防からシロギスは釣れるは釣れますが、
すごくたくさん釣れたことはありません。
地形の問題だと思うのですが、
根魚全般、ウミタナゴ、スズキ、
クロダイ(チンチン)あたりの方がよく釣れます。


この日のパパの本命は、ムラソイ・カサゴ、ボクはウミタナゴです。
パパは、2投目、3投目で早速ムラソイを釣りました。
その後、ムラソイの子供も釣れました。
僕は手始めにキュウセンを釣りました。
その後、毒魚のハオコゼが!
終わってみれば、それぞれが、それぞれの仕掛けで本命を手にして、わずか2時間の釣行でしたが、パパはムラソイ3匹、キュウセン2匹、
ベラ1匹、クサフグ1匹、ボクはウミタナゴ7匹!、キュウセン2匹、
ベラ3匹、ハオコゼ1匹を釣りあげました。
ウミタナゴ7匹はまずまずのサイズで、
すべて現地で血抜きをして自宅に持ち帰りました。
やはり釣りたてはおいしいです!

【釣果】
ボク=ウミタナゴ7匹、キュウセン2匹、ベラ3匹、ハオコゼ1匹
パパ=ムラソイ3匹、キュウセン2匹、ベラ1匹、クサフグ1匹

【タックル】 
ボク=M 
ルアー竿Marine Saver Ajing (2継)210cm(メイン)
スピニングリール2500番
PE蛍光ブルー0.8号ライン リード:フロロ2号

3連ハリス胴突き仕掛け(8号)+オモリ6号
 

パパ=T 
4.5m 延べ竿
2号ナイロンライン 棒浮き
ハリスはウミタナゴ6号ないし金袖6号


エギング・ロッド・Jupiter Eging (2継)270cm
スピニングリール2500番
PE蛍光オレンジ0.8号ライン リード:フロロ2号
 
ウミタナゴ6号+自動ハリス止め付き胴付き仕掛け
 

2018年5月20日日曜日

5月20日 若洲海浜公園

いつもの「若洲」ですが、
陽も長くなってきましたので、
15時からの釣行です。

時間:15時00分~18時30分 晴れ
気温25-28度 夏日
満潮は20時

赤丸のところで釣りをしました。
ボクは塾の勉強が忙しくなったきたので、
このブログはしばらくパパに任せることにしました。
と言う訳で、しばらくはパパがメインで記載します。
この時期の若洲はとても混雑します。
気候もよく、ファミリーフィッシングに良いからでしょう。
いつもの釣り座は先客でいっぱいでした。
仕方ないので、堤防の付け根から、
いつもの場所をめがけて仕掛けを投げます。

周囲はまったく釣れないと言っていましたが、
根魚なら大丈夫!
狙いが功を奏して早速ギンポが釣れました。
ただ、なかなかその後が釣れません。
夕方になりいつものW8番まで移動しました。
気づくと、若洲の達人が両脇にいました。
この二人のおじさんは本当に上手です。
釣れるときに現れて、たくさん釣ってすぐに帰ります。

逆にこの二人がいるということは釣れるということです。
半遊動の浮き釣りに仕掛けを変えて、
駆け上がりの底付近を探ることにしました。
ギンポ、ムラソイがかかりましたが、
本命のメジナは釣れませんでした。
また次回にリベンジです。

【釣果】
ボク=ギンポ1匹
パパ=ギンポ3匹、ムラソイ1匹

【タックル】ボク=M
振り出し式270cmリール竿
スピニングリール2000番
3号蛍光イエロー・ナイロンライン 

半遊動電気浮き仕掛け
ハリスはウミタナゴ6号

 

ルアー竿Marine Saver Ajing (2継)210cm(メイン)
スピニングリール2500番
PE蛍光ブルー0.8号ライン リード:フロロ2号

3連ハリス胴突き仕掛け(8号)+オモリ6号
 

パパ=T 
コルトスナイパーBB(2継)290cm
スピニングリール2500番
PE蛍光レインボー1.0号ライン リード:フロロ4号
 
3連ハリス胴突き仕掛け(8号)+オモリ8号