2018年5月27日日曜日

5月27日 観音崎堤防

魚影の濃いところで釣りがしたくて、
あまり時間がなかったのですが、
観音崎堤防にやってきました。

時間:15時分00~17時00分 晴れ
気温25-28度 夏日
満潮は16時

ボクのワーク(勉強など)が終わるのに時間がかかり、
家を出るのが13時30分になりました。
でも観音崎堤防に行きたかったので、
2時間の時間制限でやることにしました。
17時に終えれば、18時30分には家に戻れるからです。

赤丸のところで釣りをしました。
先客が数名いたのですが、
「魚の気配がしない。全く釣れない。」と言っていました。
季節・気候も良いし、満潮まで1時間の上げ潮、
あまり悪い条件じゃないけどなぁと思いました。
パパは、手始めに魚の活性を見るべく、
小さめのハリスで堤防周囲の根回りを探り始めました。
仕掛けを投入して、すぐにアタリが出ています。
ボクは、「メチャクチャ釣れそうだなぁ」と逆の感触を得ました。
おそらく先客の方々は、砂地に仕掛けを投げていることから、
シロギスを狙っていたのかと思います。
観音崎堤防からシロギスは釣れるは釣れますが、
すごくたくさん釣れたことはありません。
地形の問題だと思うのですが、
根魚全般、ウミタナゴ、スズキ、
クロダイ(チンチン)あたりの方がよく釣れます。


この日のパパの本命は、ムラソイ・カサゴ、ボクはウミタナゴです。
パパは、2投目、3投目で早速ムラソイを釣りました。
その後、ムラソイの子供も釣れました。
僕は手始めにキュウセンを釣りました。
その後、毒魚のハオコゼが!
終わってみれば、それぞれが、それぞれの仕掛けで本命を手にして、わずか2時間の釣行でしたが、パパはムラソイ3匹、キュウセン2匹、
ベラ1匹、クサフグ1匹、ボクはウミタナゴ7匹!、キュウセン2匹、
ベラ3匹、ハオコゼ1匹を釣りあげました。
ウミタナゴ7匹はまずまずのサイズで、
すべて現地で血抜きをして自宅に持ち帰りました。
やはり釣りたてはおいしいです!

【釣果】
ボク=ウミタナゴ7匹、キュウセン2匹、ベラ3匹、ハオコゼ1匹
パパ=ムラソイ3匹、キュウセン2匹、ベラ1匹、クサフグ1匹

【タックル】 
ボク=M 
ルアー竿Marine Saver Ajing (2継)210cm(メイン)
スピニングリール2500番
PE蛍光ブルー0.8号ライン リード:フロロ2号

3連ハリス胴突き仕掛け(8号)+オモリ6号
 

パパ=T 
4.5m 延べ竿
2号ナイロンライン 棒浮き
ハリスはウミタナゴ6号ないし金袖6号


エギング・ロッド・Jupiter Eging (2継)270cm
スピニングリール2500番
PE蛍光オレンジ0.8号ライン リード:フロロ2号
 
ウミタナゴ6号+自動ハリス止め付き胴付き仕掛け
 

0 件のコメント:

コメントを投稿